オリジナルポストカードは”こちら”で好評発売中!

配信試行錯誤日記6

 IAM → AmazonIVS 202011

そして、早速IVSのチャネルを作成してみる。ゆくゆくはイラストサイト(WordPress内)で配信したいところなのですが、イラストサイトお引越しメンテナンス中(現在は本格運用稼働中です)なので、YouTubeで試してみればいいのかな?

YouTubeかAmazon IVS上のシミュレーション画面?で試してみて、次回のコミュニティ放送部のセッション視聴に挑む目標。

 このくらいの遅延。

AWS ライブストリーミングの開始
AWS IVS 上の自分のアカウント内のシミュレーション画像みたいなところに映しています。ちなみにネット環境はそれほどは良くない。

Amazon IVS プレビュー画面(上)
Streamlabs OBS 画面(下)

 視聴前の予習復習

コミュニティ放送部#3が週末に迫ってきました。視聴前に、#1をもう一度見て復習しておきます。

 結局コード必要。でも出来た。

→ HTML

視聴者2人(^∇^)
もちろん、2人とも自分です(左上がEdge、左下がChrome)。

ブラウザに表示を試します。
結局コードが必要か。。。_| ̄|○
と思いながらも、参考にしていたサイトやAWSのチュートリアルを見ながら、コードのコピペ+少し編集と作業。しかし、一日目は全く出来ず、ブラウザ画面は真っ白で断念。

コードも変えていないし(部分的に削除したりしたあと、結局戻した)、他に何か変えた意識もないのですが、翌日は何故かここまで出来た( ͡° ͜ʖ ͡°)

繋げる度にそれぞれのブラウザの遅延の具合が変わっていたので、今回の遅延の違いはブラウザだけに起因したものではないように思います。

ブラウザでの再生は、前回のAWSのページのステップとは、やりたい内容が違う様だったので、これらサイトを参考に。
【初心者】Amazon Interactive Video Service (Amazon IVS) を使ってみる
What is Amazon Interactive Video Service?

バージョンは1.1.2で、VERSION_NUMBERは既にコードに入るようになっていたので、書き換えずにいけました。


<今回参考のサイトはこちら>

AWS ライブストリーミングの開始
【初心者】Amazon Interactive Video Service (Amazon IVS) を使ってみる
What is Amazon Interactive Video Service?

https://www.streaming.jp/tips/fvplayer/
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000048988.html
ゆくゆくの参考に読んでおく。WordPressプラグイン関係

コミュニティ放送部#3
コミュニティ放送部#1アーカイブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です