オリジナルポストカードは”こちら”で好評発売中!

Shiroちゃんモデリング2 3D/AR16

 2Dと3Dでの目の位置が違いすぎて妥協点を模索中

こんなにも違う2Dと3D。

目の位置が明らかにズレているので、妥協点を探すのが大変(*´Д`*)

最初、動画のポケモンのように、目の周りにedgeを増やしてextrudeをしようとしたのですが、Shiroちゃんは(コンタクトする以外)目はずっと瞑っているから、新しいcubeをつければいいよね、きっと。4/11

まず先に、目の形をある程度作ろうとしたのですがうまくいかず、一枚の板状のところからやり直しました。

何となく形になった?

 色分け&透明にすればちょっと見やすくなるのか!

頭と耳の部位の重なっている所がないかはまた後日確認するとして、耳がどう動くかの見当がつかないので、手探りで進める。透明の仕方を教えてくれた方が出したsphereが可愛い事になっているのでこれも何かで使いたいな。

 しっぽのモデリング

こんなに小さなパーツなのに四苦八苦。何故にこうなったか理解不能な事も何度かありましたが、きっとあの辺の作業でやってしまったんだろうと言う予測はつくようになりました。 とはいえ、事前にわからない事には、回避の仕方がない。

エッジが少ない気がして一旦増やしたのですが、今度は増やし過ぎて収拾がつかず、その作業の2時間はまるまる無駄に。モデリングの道は深い。4/18

 UV展開はさわりだけ

想像できない将来の動き具合を仮定しながら、vertexを弄るばかりでなかなか進まないので、リグに進もうかと思います。

フォトショを使わず色を塗ってしまおうと思うので、展開が必要かは分からないですが、展開。形が全然違う。

モデリングってなんて大変な作業なんだ!と嘆きながら過ごしたこの約1ヶ月。

その後、リギング地獄に陥ることをまだ知らない時期。次回はShiroちゃんリギング1です。

<Shiroちゃんについてはこちら>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。