オリジナルポストカードは”こちら”で好評発売中!

只見の只見線(2010年1月)

2022年10月1日の只見線全線運転再開に向けて、只見町内の只見線の写真をつらつらと。

 田子倉駅へは・・

残念ながらこの時期、車でも行くことが出来ません。

国道252号線、新潟県・大白川~福島県・只見間の六十里越(雪わり街道)は冬の期間は通行止めになります。

2010年の再開通日は4月28日だったようです。写真は只見側の行き止まり地点の様子です。

 引き返して蒲生方面へ向かう

国重要文化財「旧五十嵐住宅」、 福島県重要文化財「叶津番所(旧長谷部家住宅)」は今回は行けず残念。

 会津蒲生駅付近

国道から逸れて、この蒲生岳登山口への道を進んでいくと、手前右手に会津蒲生駅があります。

 第八只見川橋梁

どう撮っても誰が撮っても絵になる水墨画の世界。

 小塩沢川橋梁

佇む人は、何を見ているのかな?

 滝湖の白鳥

この時は多くの白鳥が訪れていました。

この先は金山町に入りますので、只見駅方面に戻ります。

 滝神社と只見駅付近

滝神社へ行く道も閉鎖中。

向こうに見えるのは、只見駅のホーム。

 雪囲い中の只見駅

駅の横では何やら重機が作業中。折角なので行ってみましょう。

 雪まつり準備中

この雪の山は、もう本物の山より高いよね。そして、何やら戦いが始まりそうな気配。

登った証拠? 形がまんま残ってる。

 雪まつり会場用に雪を集め中

比較的雪が少なかったようで、駅などを巡る間、雪を集めている光景に何度か遭遇していました。
(作業していない時にお願いして撮らせていただいたものです。)

 乗客ならぬ乗雪待ちのトラックの列

こちらは別の場所。

掻いた雪をそのまま停車しているトラックに流し込む流れ作業。こんな手際の良い流れ作業、見たことない。
次々とトラックがやってきて、雪を積まれて運んでいきます。見ていて飽きない。

 2月の後日談 雪まつり終了後の会場の様子

溶けて崩れてきたら危険なので、雪まつりが終わったら雪像や会場は崩してしまいます。また来年もよろしく。

只見線から少し話題が離れてしまったので、ここで只見線の映画の宣伝です。

 ただいま 霧幻鉄道 絶賛上映中

霧幻鉄道 只見線を300日撮る男 公式サイト

映画「霧幻鉄道」の上映情報はこちら


只見線全線運転再開に向けて、只見町内の只見線の写真をつらつらと。

次回は2010年の春の只見の只見線の写真をお送りしようと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。